敬老の日のギフトについて

category01

敬老の日には普段の感謝の気持ちを伝えるためにギフトを贈る人が多いですが、毎年プレゼントを贈っていてアイディアが思い浮かばなくなってしまったり、高齢者ということから欲しいものはだいたい持っているので贈るものがないと悩む人も多いのではないでしょうか。

敬老の日のお役立ち情報はこちらのサイトです。

そんな時に役立つのが、カタログギフトです。


敬老の日に贈るイメージがないという人が多いですが、カタログギフトはシーンを選ばず利用できる贈り物であり、マナー違反にならないなど様々なメリットがあります。



しかし一口にカタログといっても、現在では数多くの販売業者があり、金額や種類も様々です。

どれを選んでも大差はないと考えがちですが、販売業者による違いは大きいのでしっかり比較して選ばなくてはなりません。見本のカタログを取り寄せて内容を確かめるのは当然のことですが、実際に掲載されている商品やサービスは手にとって確かめることができません。

だからこそ、販売業者の実績や評価をよく調べてから選ぶことが必須といえます。


老舗の百貨店や運営歴の長いカタログギフト専門会社から選んでおくと、安心できるのではないでしょうか。



敬老の日を対象としていたり、高齢者向けのカタログを準備しているカタログギフト専門会社も数多く存在しています。


もちろんお年寄りになよっては、カタログは心がこもっていないと感じるケースもあるので、相手との関係性や考え方に合わせて適している場合にのみ贈るべきです。

敬老の日の秘密

category02

敬老の日は9月の第3月曜日ですが、祝日法が改正された2001年のハッピーマンデー制度により9月15日の固定日から、現行のように変更されました。敬老の日の起源は兵庫県の村とされ、敬老会に招待された年齢は55歳以上でした。...

subpage

敬老の日の重要知識

category02

敬老の日にはギフトを贈ることは珍しくありませんが、いざ贈るとなれば何を選んだら良いのかや送り方などマナーがわからず悩む点も多いのではないでしょうか。近年では絶対に贈ってはならないアイテムはありませんが、しきたりを大切にしている人の場合にはお茶やハンカチ、花言葉がよくない花を贈るとトラブルになったり、気分を害してしまいかねないので避けるべきです。...

subpage

敬老の日の基本知識

category03

敬老の日のプレゼントは、人気ランキングなども多くあります。そのようなサイトを参考に選ばれる方も多いです。...

subpage

敬老の日の基本知識

category04

敬老の日の由来は、1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で始まったと言われています。野間谷村では、お年寄りを大切にしようということと共に、長年生きてきたお年寄りの知恵を村作りに活かしていくことが大切と考え、9月15日を「としよりの日」と定めました。...

subpage