敬老の日のギフトのマナー

敬老の日にはギフトを贈ることは珍しくありませんが、いざ贈るとなれば何を選んだら良いのかや送り方などマナーがわからず悩む点も多いのではないでしょうか。

こだわりの高い敬老の日に関する最新情報はこちらです。

近年では絶対に贈ってはならないアイテムはありませんが、しきたりを大切にしている人の場合にはお茶やハンカチ、花言葉がよくない花を贈るとトラブルになったり、気分を害してしまいかねないので避けるべきです。その他にも贈るタイミングも大切であり、敬老の日から大幅に遅れてしまうと忘れていたと言う印象になってしまうので気を付けましょう。


当日に直接手渡しすることがベストですが、遠方など直接渡す方が困難という場合には、敬老の日に到着するように郵送で送るべきです。



一般的に贈り物には熨斗をつけますが、敬老の日のギフトに必ずつけなくてはならないと言う決まりがあるわけではありません。
しかし熨斗をつけることにより、正式な贈り物という印象になるので、つけておいて間違いはありません。
熨斗をつける場合は、紅白や金銀の水引で蝶結びのものを選場ことがマナーです。
一般的に敬老の日の贈り物には五本か七本の水引が用いられており、本数は長寿祝いの種類によって使い分けられることもあるのでチェックしておきましょう。



お菓子や日常的に使えるものなど、近年ではプレゼント出来るアイテムが豊富にあるからこそ、ライフスタイルや趣味、嗜好に合わせて最適なアイテムを選んでプレゼントすることが大切です。