敬老の日の始まりと現在

敬老の日の由来は、1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で始まったと言われています。

敬老の日について親身になってアドバイスいたします。

野間谷村では、お年寄りを大切にしようということと共に、長年生きてきたお年寄りの知恵を村作りに活かしていくことが大切と考え、9月15日を「としよりの日」と定めました。



なぜ、9月15日が選ばれたかというと、農閑期で気候も良いからだそうです。
この「としよりの日」はやがて兵庫県内の他の地域にも広がっていき、しだいに全国にまで広がっていくこととなります。


その流れの中で、「としよりの日」という表現よりももっと良い呼び方にしようということで、1964年に「老人の日」となり、さらにその2年後に国民の祝日として「敬老の日」と呼ぶようになりました。

2002年まで敬老の日は9月15日と決まっていたのですが、2003年よりハッピーマンデー制度適用により、9月の第3月曜日を敬老の日とすることに変更されました。



日曜日の翌日を祝日にすることで、連休とするのが狙いだったわけですが、慣れ親しんだ日を変えてほしくないという意見も根強くあり、そこで9月15日を祝日ではありませんが「老人の日」として新たに設定しました。
このため現在は、「敬老の日」と「老人の日」の2つの老人に関わる日があり、少し紛らわしくなっています。
ただ両者の意味は異なります。
前者は老人を敬う日ですが、後者は老人を理解し、共に頑張って生きるという意味があります。